Leaders Style(リーダーズスタイル)

株式会社マネジメントサポート 古谷 治子

マネジメントサポートグループ 代表取締役社長

古谷 治子

全国シンクタンクを中心に4,000 回以上の登壇を誇るCS 教育の第一人者。現場を踏まえた手法を駆使した研修は、「わかる」で終わらず、「できる」レベルに引き上げてくれると、CS 経営に詳しい企業様より支持を受ける。組織活性を具現化していく手腕に定評がある。手がける研修は、個人スキルの向上から企業団体の組織風土醸成まで幅広く応用し、不変のテーマであるCSマナー・クレーム応対力強化はもとより、女性リーダー行動革新・部下育成・管理者養成・会社の作法など多彩。ライフワークに続ける「マナー指導者養成講座」(輩出数2 千余名)では後進講師の育成にも注力し、日本の講師界を牽引。
株式会社マネジメントサポート 古谷 治子のリーダーズスタイルのメイン画像
文京女子短期大学英文科卒業後、東京放送、中国新聞社で9年の実務経験を経て、人材育成コンサルタントとして独立。1993年、株式会社マネジメントサポートを設立。その後、株式会社リサーチサポート、株式会社古谷治子マネジメントオフィス、株式会社マネジメントサポートグループを設立し、現在に至る。
仕事のSTYLE
いつの時代も企業の成長を「人財」が支えてることは変わりません。世の中が変化し、価値観や求められる能力は変わっても、それを具現化するのは「人」であり続ける限り、人の成長が日本の成長の鍵となることでしょう。私たちは、20年間のノウハウを余すことなく提供し、品格のある自立型人財の育成と、良い企業の組織風土を作り上げる、世界に通じるサービスを提供し続けて参ります。机上の空論ではない、活きた教育提案が私たちの強みです。人財におけるジャパンクオリティを作り上げることが、私たちの社会貢献です。
若者へのメッセージ
企業では、生き残りをかけて事業の再構築や新製品の開発など熾烈な競争を毎日繰り返しています。それでも業績の差は歴然とし、当然のことながら誰もが業績のよい企業と取引をしたいと願い、選びます。選ばれてこそ更に大きなチャンスがうまれます。このような状況は個人においても同じことが言え、能力の高い個人はより多くのチャンスを得て、更なるステップアップができます。そんな選ばれる人材=人財となるためには、社会人としての心構えや、好印象を与えるコツ、仕事に必要な最低限のマナー、ワンランク上の電話応対、クレーム対応の考え方など、新人や若手のうちにしっかりとした仕事の基本を身につけることが大切となります。「わかる」から「できる」レベルへ引き上げていけるよう、また、5年後10年後も通用するマナーを身につけ、本当の意味での社会人になってくださることを願っております。年齢の離れた人とのつきあい方がわからない、先輩や上司に一度教わったことを聞けない等、若手の悩みはいつの時代も同じですが、皆様のような若いお一人お一人の成長意欲の強さが企業にとってもなにより大切です。これからの活躍を心よりお祈り申し上げます。
会社概要
企業名マネジメントサポートグループ
所在地東京都港区芝5-19-4 芝5ビル
業種研修事業
事業内容研修事業の開催、企業の組織活性化に関する研修システムの作成、及び実施
URLhttp://www.ma-support.co.jp/

※当サイトの掲載内容につきまして、取材対象者様より提供された情報を掲載しております。
掲載情報の正確性について、株式会社QWERTYは一切保証しておりませんので、
掲載記事は自己の責任において、ご利用いただくようご了承ください。