Leaders Style(リーダーズスタイル)

柴山昌彦

東大法学部卒業後、住友不動産に勤務、その後司法試験に挑戦。1998年に合格し、企業法務等での弁護士活動を経て、2004年衆院埼玉8区補選に立候補するにあたり、自民党が始めて取り組んだ全国公募に応募して、81人の中から新人候補に選ばれ初当選。外務大臣政務官等を経て、現在3期目。
柴山昌彦のリーダーズスタイルのメイン画像
 大学卒業後は大手不動産会社に入社をしたのですが、法曹界への気持ちを断ち切れず司法試験に挑戦することになりました。退社から7年後、念願だった司法試験に合格し、事務所に所属するようになりました。その後2004年初当選。ある友人からプレゼントされた一冊の本に書かれていた言葉は今でも強く印象に残っています。「チャンスはタクシーのようなもの。今行き過ぎたのが最後の一台。」この言葉を知って、本当に何か決めなければいけない時には、一歩果敢に踏み出して決断しなければいけない、と強く思うようになりました。その決断を逃してしまったとしたら、後で取り返すことはできません。
最終的に覚悟を決めるのはインスピレーション
柴山昌彦
 覚悟の正しさを裏付けるのは経験や熟考だと思います。
 しかしながら、最終的に覚悟を決める時にはインスピレーションが重要になってくると思うのです。自分の信念を加味し、法律や政治をダイナミックに変えていく。そういう政治をこれからも追求していきたいと思います。

 重要なチャンスや分岐点を前にして一歩前に踏み出せるか、踏み出せないかで後の人生が大きく分かれます。そこで是非、覚悟をもってチャレンジして欲しいと思います。本当に達成したい夢や目標があるのであれば、後で後悔する事がないようチャンレジしてください。
※記事の内容は取材当時のものとなります