Leaders Style(リーダーズスタイル)

株式会社ジャパン・ミヤキ 宮木茂明

株式会社ジャパンミヤキ 代表取締役

宮木茂明

幼少期は、まだ住み込みの人達と一緒の生活でした。ですから、大家族で生活しているようなものでした。当時、自宅と工場が隣でしたので、無意識のうちに働く多くの人達の背中をみて育ったのかもしれません。社会人になるまで勉強はしませんでしたね。しかし、高校時代に写真部部長を2年つとめ、人をまとめることを経験しました。また、変に真面目なところがあったのですが、大学時代にこんな世界もあるんだということを経験し、勉強以外の多くのことを経験しました。このような経験が、現在も役立っています。
株式会社ジャパン・ミヤキ 宮木茂明のリーダーズスタイルのメイン画像
代表就任にあたり、経済環境が激しく変わる中で、当社を将来にわたって継続させていくためにはどうしたらよいか悩みました。金属加工業そのものが将来にわたっても存在しうるのか、社員そして社員の家族を守るためにはどうしたら良いだろうか。結論としては、社員自身が成長していけば、どのような環境下であっても進んでいけるはずです。その為には社員のベクトルを合わせ、お互いが目標に向かっての意見を言えるようになる必要があります。ですから、就任が決まってから、社員全員と個別面談を実施し私の思いを話しました。また、意見を言いあえる環境整備という意味で、フラットな組織に変更しました。現在心がけていることは、自分の話をするよりも、まず相手の話を聞くことです。
今後の目標
企業は成長し続けなければなりません。それは、単なる規模や利益の拡大ではないはずです。私を含めた社員一人ひとりの成長が必要となります。そして、成長していくためにはお客様から必要とされ続けなければなりませんし、お客様に価値を提供していかなくてはなりません。言い方は難しいですが価値を提供するためには、たとえ半歩でもよいからお客様よりも上位になることが必要です。そのために社員全員が、お客様が何を求めているかを常に意識し、お客様に提供できる技術、知識の向上に努め、社員が誇れる会社になり、お客様から必要とされ続ける社員の集まりの企業になることです。それが、人間的成長にもつながり家族、地域、世の中にも貢献していくことになるはずです。
若者へのメッセージ
若いときは、挫折や失敗の連続です。「こんなことをしていて何になるんだろうか、こんな事も出来ないなんて情けない。こんな事は役に立たないのではないか。」恐らく20代は、自分の進む道すらはっきりしない状態の人が多いでしょう。そのために、頭だけで考え躊躇し行動しない人も増えているのかもしれません。しかし、行動しなければ失敗もしなければ成功もありません。何も変わらないのです。失敗や挫折といった経験は、前向きに進んでいけば、将来自分の大きな財産になってきます。自分を信じて、多くの経験を積んで行ってください。そのことが必ず人生を豊かにしていきます
会社概要
企業名株式会社ジャパン・ミヤキ
所在地静岡県浜松市東区豊町3226-1
業種製造
事業内容精密部品の総合加工および組立
URLhttp://www.japan-miyaki.co.jp/
※記事の内容は取材当時のものとなります