Leaders Style(リーダーズスタイル)

株式会社アイグローワークス 小池純

1980年生まれ。神奈川県横浜市出身。アマチュアバンドとして活動後、27歳ではじめて就職活動。就職氷河期に、経歴無し、経験無し、資格無しからの再スタートで出版社に就職。自ら名乗る肩書きは「ポテンシャルクリエイター」。
株式会社アイグローワークス 小池純のリーダーズスタイルのメイン画像
 ビッグになりたい。モチベーションとしてお金を稼ぎたいっていうのは当然あるんですけれど、それが一番大きな理由ではなくて、一番の理由は自己表現なんですよね。会社をやりたかったわけではなくて表現なんですよね。どういうことを表現していきたいかと言ったら、自分が成功して行くことも望んでいるんですけれど、他の人にも成功してもらいたい。
 自分がこの会社を通して何をやっているのかと思ったら、何かを教えることもそうなんですけれど、主にやっていることって、引き出す事と、気づかせて共に作っていくこと。どうせならカッコいい表現で言いたいと思って、ポテンシャルクリエイターと名付けました。しっくりきましたね。
目指すべきものをまた追いたい
小池純
 とにかく目立ちたがり屋でした。目立つイコール「正しい」みたいな。小学校までは目立てば良い、目立つためにはどうしたらいいかってことばかり考えていた。中学校に入った頃にギターってカッコいいなって思うようになって、バンドのナンバーワン的な存在なんだけれど、表舞台に立っていないカッコ良さがいいなって思うようになっていきました。中高生の頃からはバンドでやっていこうって思っていました。もちろんデビューは目指していたけれど、売れようとは思っていなかったですね。自分がやっていることを世間が評価してくれればいいかなって。評価されている音楽に寄せていくんじゃなくって、あっちが寄ってこないかなって。バンドや、音楽やっている人ってそういう考え方だと思うんですけれど。聞いてくれる人が少しずつ増えていけばいいかなっていう感覚。僕らもそういう感じでした。今は評価されていないけど、後々はどうなるか分からないし、自分達の音楽をつきつめてやっていこうって考えていましたね。

 26、7歳で日の目を見ていないのであれば、自分の人生の方向性を考えようって決めていた。27歳になってみて、このまま音楽をやっていくのも厳しいなと思った頃、その当時、付き合っていた彼女がいて彼女もずっと待たせていましたし。だからバンドが売れなければバンドは諦めて結婚をしようと思いました。あまり体裁は気にしない方なんですけれど、最低限の何かが欲しかった。会社で働いているっていう。結婚するための環境を整えなくてはということで就職活動をしました。27歳、学歴も資格も経験も何もありませんでした。
 運良く就職できたのは出版社。原稿を書くテストがあって、記事を150文字くらいで書いてくれって言われて「これだったらいけるかな」って思った。元々文章を書くのとかちょっと好きでしたからね。20数社受け続けた中でやっと採ってもらえたのでありがたかったです。仕事をすること自体は、好きだと思った。広告の記事を書くのがメインだったけれど、広告を出してくれている会社に御礼の電話をしたり、コミュニケーションをとることが、やっていく中で楽しいと感じてました。社会人としてステップを上がっているなと実感として感じるようになった頃には、やりがいを感じるようになっていった。仕事って楽しいなって思うようになりました。

 最初は新鮮さで「社会人だ、フレッシュだぜ」みたいな感じでやっていけたのですが、バンドの時の生活が長かったので仕事をする中でも「目指すべきものをまた追いたいな」と思うようになった。何を得たいのか、どうなっていきたいのかっていうのを考えるようになったら、この会社で成り上がろうとは思えなかった。独立をするための勉強をさせて貰える会社で仕事がしたいと考えたら「他に自分に合う場所があるのかもしれない」と思い、転職をしました。
この瞬間の連続が将来の自分になる
株式会社アイグローワークス
 色々と自分でも格言を考えるんですけれど「一瞬懸命」ってなんか瞬間瞬間を生きているみたいでいいじゃないですか。今のこの瞬間の連続が将来の自分になると思うんですよね。今、自分がここにどれだけ熱を入れているかっていうのが将来の自分を作る上で重要になってくるのかなって。難しいけれど、そういうのを心構えで持っておけば自然と一生懸命な人生になっていると思ったので。だから座右の銘は「一瞬懸命」。
 若い人たちにアドバイスを送るとしたら、今の自分が非常識だと思っていることの中に、今の自分を少しずつ変えていく要素があると思う。今の自分の常識を疑って非常識を信じる、そういう心構えで頑張っていけば、きっと自分の可能性を最大限に引き出せるような生き方ができると思います。

※当サイトの掲載内容につきまして、取材対象者様より提供された情報を掲載しております。
掲載情報の正確性について、株式会社QWERTYは一切保証しておりませんので、
掲載記事は自己の責任において、ご利用いただくようご了承ください。