Leaders Style(リーダーズスタイル)

株式会社レバーン 匹田絵人

株式会社レバーン 取締役副社長

匹田絵人

1980年生、東京都出身。高校生からのバンド活動を経て、2000年に某芸能プロダクションからCDデビュー。解散後、デジタルハリウッドの短期間コースに入学。卒業後、25歳で「株式会社ドリームアンドフューチャー」へポータルサイトのディレクターとして入社。2006年の父入院後、2007年に元レバーンのプロデューサーが独立して立ち上げた「株式会社オトム」に入社。その後、2008年に株式会社レバーンに入社し、2013年に取締役副社長に就任。2014年に「キャラクターズレバーン」として新規事業であるキャラクターライセンスに着手。自社開発キャラクター「さかなの事情」を筆頭にキャラクタープロデュースを行っている。
株式会社レバーン 匹田絵人のリーダーズスタイルのメイン画像
父とは違う業界を歩んできました。バンド活動時代に続けていた飲食業のアルバイトや建築現場のアルバイト。作曲やフリーWEBデザイナーとしての活動。WEBディレクターとしてITベンチャー企業への就職。しかし2006年、父が2回目の心筋梗塞で倒れ長期間の意識不明での入院生活となり、会社の存続について母と当時の会社幹部陣と話し合った結果、父が作った会社であるレバーンに入社することを決意。飛び込みの営業から新たなスタートを切りました。
仕事のSTYLE
まずは自分が楽しむ!商材でもサービスでも、自分が最も理解して、良いなと思って、好きになって、そのモノを楽しみながら提案する事が大事だと思います。しっかり内容を理解していればお客様ごとの必要とする内容や、状況にあった提案の仕方ができます。そしていつも楽しそうにしている事。これは意外と難しいですが。また、「こだわり」ではないのですが、自分自身助けられたのが「好奇心」でした。小さい頃から好奇心は人一倍あり、習い事では「合気道」「中国武術」、部活では「陸上競技」「器械体操」等をやりながら、趣味である音楽活動を中心に幼少期、10代を過ごしました。20代に入るとストリート系のスポーツやキャンプ、車やバイク等、多趣味が更に爆発し始めます。その中でも「釣り」は小さいころから父に教わっていたという事もあり、20代後半に久々に熱中。現在では会社の釣り部「フィッシングチームレバーン」として幅広く釣りを楽しんでいます。この多趣味のおかげで知識と会話力が磨かれ、何よりさまざまな人とのパイプが出来たことが仕事的にも大きく影響しました。現在弊社では「釣り部」以外にも「スケッチ部」「サイクリング部」「登山部」等の活動も盛んです。「社員同士が仕事以外でコミュニケーションをとる。」これは現在会社作りとしてとても大事にしている部分です。我々はものづくりの会社です。特に仲間の人柄や良い部分を知っておかないと、仲間の技術と個性を発揮させることはできないので。
若者へのメッセージ
「好きな仕事」はもちろん良いけれど、「好きになれそうな仕事」という目線も持ち合わせたほうが良いと思います。自分から物や事に近寄ることで、新しい趣味や感覚、価値観や楽しみが発生することが多々あります。固定観念よりも、試してみたり、触れてみたりして判断することも必要。そこから先は継続力。継続してから見えてくるゾーンというのもとても多いし、大事なことです。若い皆さんへのメッセージとしては、「自分目線だけではなく、様々なケースで物事を考えられる人になって頂きたい。」と思っております。
会社概要
企業名株式会社レバーン
所在地東京都港区南麻布4-11-21 ラウンドクロス南麻布4F
業種広告制作業
事業内容広告デザイン制作、パッケージデザイン、各種ロゴマーク、イラストレーション業務、3DCG、WEBデザイン、キャラクターライセンス

※当サイトの掲載内容につきまして、取材対象者様より提供された情報を掲載しております。
掲載情報の正確性について、株式会社QWERTYは一切保証しておりませんので、
掲載記事は自己の責任において、ご利用いただくようご了承ください。