Leaders Style(リーダーズスタイル)

株式会社ヴァリック 中林佑烝

株式会社ヴァリック 代表取締役社長

中林佑烝

昭和年21年2月25日 鳥取県出身 昭和40年4月 三共毛織入社(テイジングループ) 昭和63年9月 AOKIホールディングス入社 商品部長 平成8年6月 常務取締役商品本部長兼商品企画部長 平成15年5月 グループ商品、物流、経営企画、店舗開発担当 平成15年6月 AOKIホールディングス専務取締役就任 平成18年4月 グループ経営戦略企画担当 平成21年1月 ㈱ヴァリック代表取締役就任【現任】 平成22年6月 AOKIホールディングス取締役副社長【現任】
株式会社ヴァリック 中林佑烝のリーダーズスタイルのメイン画像
高校卒業後、アパレルの仕事で日本中を飛び回って営業をしている中、 28歳の時に現AOKIホールディングスの青木会長と出会いました。 素材やアパレルの経験から、43歳で青木会長から誘われ、AOKIホールディングスに入社。 主に商品の企画、開発に携わりました。 その後、AOKIグループは人生の様々な場面でお役に立ちたいという「生命美の創造」というコンセプトと社員に活躍の舞台を広げるため、ファッションに加えブライダル、エンターテイメントの3分野で事業を拡大。 ファション、ブライダルと経験した後、サービスの中でも究極のオフであるカラオケ・複合カフェ・フィットネスクラブの三事業の再構築、未知の分野にチャレンジ!! 63歳で新分野のマネジメントがスタートしました。
仕事のSTYLE
中林佑烝
新人時代は『先輩の仕事を自分のモノにする』をモットーに、元気に明るく全力で人の三倍働きました。 ご指導頂いた先輩に叩き込まれたことを覚えるため、朝は7時から夜は23時まで、朝夕、予習・復習の毎日で仕事を頑張りました。 覚えるのが楽しくて仕方なかったです。 夢や目標に向かってというよりは、一日一日を働いて食べることに全力でした。趣味やお酒をたしなむことが出来ない人間でしたので、仕事でお客様と接することが生きている喜びでした。 現在では、ビジネスを通じて一つでも多く、広く社会貢献(お客様や、地域社会、従業員の皆さんへ)をすること、社会から必要とされる企業を目指しています。 そのために、先ずはお客様に感謝し、行って良かった、また行きたいと思って頂ける店作りを心がけて実践しています、そして会社と社会が共に永遠に発展していけるよう貢献していきます。
若者へのメッセージ
株式会社ヴァリック
夢や希望、自身の使命を持ち、志の高い社会人になることが大切です。 その為に自分には何が出来るのか、仕事とは何かを考え続け、実行・失敗し、また実践してください。 挑戦を継続する事こそが、自分を磨くことであり、目標を達成する為には必要不可欠です。 自分の利益の為ではなく、社会、地域、家族、周りの人達に対して広く貢献できる人間になってください。お客様に対してもっともっとお喜び頂けることを考え続けてください。 そうする事で結果、会社のためになり、自分の成長のために繋がります。
会社概要
企業名株式会社ヴァリック
所在地神奈川県横浜市都筑区北山田3-1-50
業種サービス業
事業内容カラオケ、複合カフェ、フィットネスクラブの経営
※記事の内容は取材当時のものとなります