Leaders Style(リーダーズスタイル)

株式会社CS-C 椙原 健

証券会社から大手コンサルティンググループへ転職。 食をメインとしたコンサルティングに従事し、上場外食企業を主要クライアントに活動。 活動は業態開発、マーケティング、マネジメント体制の整備、人材育成、組織活性化など多岐にわたる。誰がやっても同じ成果を出せる、各々のノウハウを再現性があるものにすべくスキームを開発。現在でも標準スキームとして運用されている。コンサルティンググループ内で年に一度選出される「ベストコンサルタント」(クライアントから最も評価が高いコンサルタント)を3年連続受賞。株式会社CS-Cを設立。
株式会社CS-C 椙原 健のリーダーズスタイルのメイン画像
 現在、飲食業界に特化したWEBマーケティング事業を展開しております。もともと飲食業界のコンサルタントをしており、クライアントの業績改善に従事してました。マネジメントに対するコンサルティングや人材育成のコンサルティングなどコンサルティングスタイルを変化させてきてますが、それは飲食業界全体の課題が時代の流れとともに変化しており、環境に自分達のスタイルを変化させてきた結果です。そして、今は業界全体の課題としてあげられるのがWEBマーケティングになります。そのため2年ほどの研究期間を経て、WEBマーケティングを本格始動させることにしました。
仕事のSTYLE
 仕事の前に人として正しい考え、行動ができているかを大事にしてます。公益資本主義という概念をもっとも大事にしていて、これは自社の存在によって世の中にどういう貢献ができるのか、ということです。また、ビジネスは相手があってのことなので、ビジネスの相手の立場に立って考えられてるか、相手のWINがしっかり得られているか、はビジネスをする上で大事にしてます。20代を大手コンサルティング会社で過ごし、日々プロジェクトに忙殺されながらも仕事自体はとても刺激的で楽しい日々を過ごしてました。仕事を通してある程度社会がみえてくるようになった30歳を迎えるにあたり、そろそろ「自分が人生をかけて取り組むべき使命は何なのか?」について深く考えようと思いました。自分が最高にテンションが上がる出来事とは何だったか、今までで印象深い出来事は何だったか。幼いころからの出来事を、楽しい事、悲しい事ひっくるめて箇条書きにしてみたのです。すると自分という人間の輪郭が見えてきました。何か人の役に立てた時、それが人の喜びにつながった時、僕はこれ以上ない楽しさを覚えていたのですね。それが今の仕事のこだわりにつながってます。
若者へのメッセージ
 人生のミッションというか、本当にやりたいことをみつけられる人間って成長確度が違うと思います。自分が最高のテンションが上がる時に何をしてそうなったのか、を考えるとなんとなく方向性がみえてくるんじゃないかなと思ってます。うちは20代のメンバー向けにライフプラン研修というものをやってます。これは自分が死ぬまでに何をやりたいか、どうなりたいかを考え、なりたい自分像をイメージしながら、人生を逆算で設計していくスキルになります。例えば60歳時点でなりたい自分像がイメージできたら、50歳の時にはどうなっている必要があるか、40歳の時、30歳の時はどうかをどんどん明確にしていきます。仕事でどうなりたいか、プライベートではどうなりたいか、資産をどうつくりたいか、など各パートに分けて考えていきます。そうしてくいくことでぼんやりとみえてくるので、足元で何をすべきかという道がみえてくるようです。当然すぐにはみえてこないと思いますが、考え続けることが大事だと思います。
会社概要
企業名株式会社CS-C
所在地東京都豊島区東池袋2-45-8 エコービル7F
業種サービス
事業内容マーケティング コンサルティング
URLhttp://s-cs-c.com/

※当サイトの掲載内容につきまして、取材対象者様より提供された情報を掲載しております。
掲載情報の正確性について、株式会社QWERTYは一切保証しておりませんので、
掲載記事は自己の責任において、ご利用いただくようご了承ください。