Leaders Style(リーダーズスタイル)

株式会社NEXT 中邨 宏季

美容師を目指していた学生時代、一冊の本「金持ち父さん貧乏父さん」に出会い、ここから人生が大きく変わり始める。美容学校卒業後、決まっていた就職先を断り不動産の業界に足を踏み入れる。 某中堅ハウスメーカーに入社、しかし約1年後倒産。すぐに別の会社に入社するも約半年で倒産。さらにその数か月後、またもや会社が不況の煽りを受けてしまった。このままでは家族を守れないと思い、会社員と並行して事業を展開し、2013年春に独立。現在は国内外問わず不動産事業、リゾート開発、アンチエイジング事業など多方面で活躍中。
現在資産形成のコンサルティング事業をメインにしているのですが、私自身が投資家もやっていてその経験をクライアントにダイレクトに伝えられる事が最大の強みです。机の上で身に付けた知識ではなく、リアルな最新の知識ですのでより有益な情報を提供出来ていると思っています。 投資と聞くとリスクがあるというイメージがあるかもしれませんが、私は何もしないことの方がリスクだと感じていますね。例えばお金という点で見ても、物価の上昇と共にお金の価値は変動していきます。もし貯金が100万円あったとしても、物価も税金も上がり続けている現状では100万円の価値は低下します。そう考えると少しずつでもお金を増やしていかなければ生活は守れないということです。
常識を疑う
中邨 宏季
色んな所で資産形成のセミナーを開催しているのですが、参加されている方を見ているとノウハウを取りにいこう、知識を身につけようとしている方が多いと感じます。しかし、そのやり方では結果に繋がらない事が多いです。「どういう考え方でこういう行動をしました」という考え方が伴っていないと、時代に取り残されてその時しか通用しないものになってしまうのです。 どんな業界でも結果を出す人には共通点があって、'結果を出せる考え方'を持っている人が成功を手にしています。そのような考え方をセミナーでは大事にしていますね。 あとセミナーで大切にしていることは、常識を疑うということです。 マクドナルドという誰もが知っている企業があります。そのマクドナルドを日本に持ってきたのは藤田田という方なのですが、米を主食とする日本人には受け入れられないと当時は多くの人から反対されていました。しかし、それで何故成功したかというと、これからファーストフードを必要とする時代が必ず来るとしっかりと予測したからです。 この話から分かることは、多くの人がすでに成功している常識側で物事を考えてしまうということです。しかし、成功している人が多いから自分も同じことをやろうとすると当然、競合は増えてくるので必然的に勝算は減っていくのです。そういう考えを身に付けていないとチャンスはどんどん減っていきます。当たり前の基準を変えていくことはとても大事な事だと思いますね。
人は絶対に変われる
株式会社NEXT
僕はかつて、将来のビジョンなんて何も無かったし、普通に生きていけば良いかなという考えを持っていました。でも二十歳の時に『金持ち父さん貧乏父さん』という本に出会い、人生が一気に変わっていきましたね。ただ、人は変化が嫌いな生き物なので変わるのって実は勇気がいることです。だから、一番必要なのは何故変わらないといけないのかをまず知らないといけない。それを僕に教えてくれたのがその本でした。 最終的には自分次第だと思いますが、ひとつだけ言えることは変わろうと思えば絶対に変われます。ただ、思わなかったら行動をしないので、'何故やるのか'を明確にする事が大事だと思います。今のやりがいは自分一人だけが幸せになっても全く良い人生にならないと思っているので、僕との出会いがきっかけで、人生がより良い方向に変われる人をたくさん生み出す事ですね。特に最近海外に行くことが多くて、日本は改めて良い国だと感じる機会が増えました。ただ、このまま行くと日本は生活するうえでリスクが高い国になると感じるのも事実です。ということは、今の若い世代が頑張らなければ日本が良くならないのです。ですので20代30代の世代を中心に、より良い暮らしができる手伝いをしていきたいと思っています。
会社概要
企業名株式会社NEXT
事業内容不動産経営、コラム執筆、セミナー講師、コンサルティング事業
URLhttp://next-gp.com/
※記事の内容は取材当時のものとなります