Leaders Style(リーダーズスタイル)

オカムラ歯科医院 岡村 興一

1947年6月27日生まれ千葉県出身。東京歯科大学卒業後、ある経験をきっかけに、東洋の自然観、生命観そして宇宙観に強い関心を持ち、海外で伝統医学を学ぶ。現在、渋谷と世田谷の医院にて、診療に従事するかたわら、独自の健康観「根本健康(Fundamental Health)® 」を確立。私塾にてその啓蒙活動を展開している。
オカムラ歯科医院 岡村 興一のリーダーズスタイルのメイン画像
生まれ育ったところは、千葉県北部の下総台地にある片田舎で、高校時代まで過ごしました。子供のころの思い出としては自然環境との噛み合い(交流)抜きには語れません。雨水を受ける天水桶の水面ある浮草と中で泳ぐ金魚。時々やってくる浜訛りの行商のおばさんの声。周りの水田の季節ごとの変化、周囲の葦原と生息するカワセミの美しさ…そういった身体感覚と自然環境がシンクロした環境で、よく遊びそしてよく学びました。中高時代、芸術・技術系の職業が向いているかなと思っていましたが、待合室に集まる患者との応対をしながら孤軍奮闘診療に励んでいる歯科医であった父の後姿をみて、だんだんと医学系へ関心が向いてきました。
とにかく知る
岡村 興一
 大きな転機となったのは、医局生活をして間もない頃です。東京の歯科大学を卒業してから、地方の新設歯科大学の小児歯科学教室へ赴任する事になりました。結婚をし、これから頑張ろうと思っていた矢先、突然強い腹部の痛みを覚えました。冷えからと思い温罨法と鎮痛剤でやり過ごそうとしましが治まらず、深夜にタクシーですぐ近くの病院へ駆け込んだのです。そこから記憶は無く、気が付くとベッドの上でした。開腹手術により一命を取り留めた事を後で聞かされました。診断は虫垂穿孔性汎発性腹膜炎。自信を持っていた体にメスが入った。自分の中で、何かが崩れました。この時から、私は「命って何だろう?」と考えるようになりましたね。

 そこで私が取った行動は、とにかく生理を知ること。アメリカに渡り、最先端の近代歯科医療を学びました。当時は某有名ハリウッドスターの主治医と交流しましたが、その先生の豪奢な生活にあこがれる一方で、どこか虚無感も感じていました。「歯科医って何だろう?」と。そこで私は東洋医学に目を向けるようになりました。もともと東洋医学の考え方は、私の育った環境もあり共感はしていたのですが、もっと深く知るために鍼灸治療や伝統方剤治療、養生医学などを皮切りに中国、韓国、その他アジアの様々な地域へ学びに行ったのです。今振り返ると、最先端の西洋医学と伝統的な東洋医学を学んだ事が、私に非常に大きなものを残してくれたように思います。それが、私の提唱する「根本健康」の基礎になっているからです。
若者へのメッセージ
オカムラ歯科医院
 多くの方は、自分の健康は外部から獲得するものだと思っていますよね。しかし、私は、健康の根本は自分の中にあるものだと思っています。私は手術で傷を負いましたが、その傷をいつまで悔やんでいても仕方がない。病や悩みをどう自分のライフスタイルにいかしていくか、それこそが健康だと思うのです。今は、サプリメントを飲んで、ランニングマシンを使ってなどなど、外部に健康になる方法を求めてしまいがちな社会です。でも、それだけではダメなんです。健康は今、ここにあるのですから。それに気付くべきです。私はそれを多くの人に伝えたいと思い、歯科医(口腔医)としての経験を通じて「葦牙塾(あしかびじゅく)」という私塾を開設しました。日本を背負って立つような人材を育てた松下村塾のように、葦牙塾もまた、会合することでインスパイアされた人たちに変化をもたらすような存在でありたい。私達の可能性は無限大である事を知ってほしいのです。

 私自身、あの手術の経験から「今を生きる」という事を大事にしています。 だからこそ言えるのは、「今、気付く。今やれる」。そこから無限大に広がっていきます。今を生きよう。
会社概要
企業名オカムラ歯科医院  /  別邸「葦牙塾」
所在地東京都渋谷区宇田川町3-10 フイエスタ渋谷6F / 東京都世田谷区玉川3-1-5 カメリア・コート二子玉川1F
業種医療
事業内容歯科治療、あしかび倶楽部
URLhttp://www.418.co.jp/okamura/
※記事の内容は取材当時のものとなります