Leaders Style(リーダーズスタイル)

両国みどりクリニック 西村 暁

両国みどりクリニック 院長

西村 暁

Akira Nishimura

産まれも育ちもは神奈川県藤沢市ですが、大学は親元を離れ兵庫医科大学に入学しました。卒業後は医師である叔父の勧めで東京女子医科大学附属第二病院(現:東医療センター)にて研修いたしました。東京女子医科大学病院はさまざまな大学から医師が集まってくる病院で、誰もが分け隔てなく技術を学べ、働きやすい環境が整っていました。そこで一般外科の医師として外科全般の知識と技術を学び、その後東京女子医科大学病院整形外科に転科し専門的な勉強をしました。整形外科を選んでからは「手」や「足」のメカニズムに魅力を感じ、自分なりに研究や勉強をしてまいりました。現在は了徳寺大学健康科学部医学教育センターに在籍しております。
両国みどりクリニック 西村 暁のリーダーズスタイルのメイン画像
私は幼いころから病気がちの子供で、ひどい喘息持ちでした。当時は効き目のある薬がなかったため息苦しくて横になることもできず、座りながら寝るような日々を過ごしておりました。幼少時の病気の経験から人を助ける仕事に就きたいという気持ちに変わり、医師を志すきっかけとなりました。また、整形外科の医師だった父を大変尊敬しており、小学校高学年くらいから私も父のような整形外科医になりたいという願いも持つようになりました。しかし医学を学んでいくうちに、整形外科の病気だと思われるものでも、内臓系の病気からくる痛みであることも稀にあり医学は奥深いものだと改めて感じました。そのような経緯から、整形外科という枠組みにとらわれず身体全般のことを学びお腹も見られる整形外科医になろうと考え、外科と整形外科を学びました。
仕事のSTYLE
私は患者様からのお話を引き出すよう、話しやすい雰囲気を大切にしております。患者様には患者様に医学用語を使って説明してしまうと、結局理解できていないまま治療が進んでしまうこともあるかと思います。そのような状態にならないように、時間をかけ噛み砕いた言葉で説明するように心掛けております。こちらから「このような方法で治療します。」と申し上げるのではなく、その症状に適した治療法をいくつか提示し、患者様にメリット・デメリットをお伝えしてからご選択いただくようにしております。また当院では物理療法とともに、理学療法(リハビリテーション)にも力を入れております。クリニックに理学療法士が常勤している整形外科はあまり多くありません。大きな病院とも提携を結び、手術後のリハビリテーションも担えるようスタッフや設備を整えました。いちクリニックの医師、物理療法士、理学療法士で患者様の病気を総合的に把握しよりよい治療を提供していきたいと思います。しかしながら医療がメインに病気を治してゆくのではなく、患者様ご自身でお身体を治す意思を持っていただき、それをサポートして治療にあたることが医療の役割であり、この考えは当院のこだわりでもあります。私どもに皆様のお手伝いができたら嬉しく思います。
若者へのメッセージ
これから社会に出る皆様に何か申し上げるとしたら、どのようなことにでも学ぶ気持ちを忘れないで欲しいと思います。私は人生一生勉強だと思っております。私自身この言葉を心の糧として現在まで過ごしてまいりました。特に医学・医療は日進月歩進化してゆくものだと思います。昨日まで当然と思われていた治療法も、新しい治療法に置き換わったり急に間違いだったとわかることも多々あります。そのような世界にいるからこそ積極的に勉強会や研修会に参加し、新しい医療知識を身につけることを大切にしております。そしてこの学んだことを還元し、当病院に来院された患者様のお役に立ってゆければと日々考えております。皆様はお若い分学べば学ぶほど、それが生きたものとなることでしょう。今後日本はどのような社会になってゆくのか先々不安もあることと思います。しかしどのような状況になったとしても学ぼうという意思・志しがあれば、変化の激しい社会を生き抜き、より良い人生を送ることができると私は確信しております。
会社概要
企業名両国みどりクリニック
所在地東京都墨田区緑1-19-9 シグマ光機東京本社ビル1F
業種医療
事業内容整形外科、内科
URLhttp://www.ryotokuji.or.jp/midori-clinic/

※当サイトの掲載内容につきまして、取材対象者様より提供された情報を掲載しております。
掲載情報の正確性について、株式会社QWERTYは一切保証しておりませんので、
掲載記事は自己の責任において、ご利用いただくようご了承ください。