Leaders Style(リーダーズスタイル)

iカウンセリング 下村 幸子

i カウンセリング 代表

下村 幸子

Sachiko Shimomura

1966年寺の長女として出生。22歳で結婚、専業主婦歴9年の間に3児に恵まれる。自分に出来ることはなんだろうと考え、子育て経験を生かして保育士になろうと勉強を始め資格取得。保育士として保育園、区立中学校特別支援学級で働きながらあるきっかけで社会福祉士、精神保健福祉士の資格を取得し、心療内科でのカウンセリング業務に就く。週80人のカウンセリングを通して、人が生きようとする力、回復する力、命の輝きに出会い感動する。自分のミッションは人が自分の足で立とうとする時その方が本来持っている力を発揮出来る様にサポートすることと確信し、i カウンセリングを立ち上げる。
iカウンセリング 下村 幸子のリーダーズスタイルのメイン画像
 まさか自分がカウンセラーを目指すとは学生の頃は思っても見なかったんです。大学卒業と同時に結婚し三児を授かりましたが、実は次男に発達障がいがあり子育てで苦労しました。なんでこの子こんなにみんなと違うのだろう?自分の育て方の問題?と思い自分を責めていました。この頃はまだ発達障がいの概念が浸透しておらず保健所の検診でも引っかかったことはなかったので、保育士を目指し始めた時はまだ障がいの認識はありませんでした。ところがその勉強中に発達障がいの概念に出会ったんです。それと丁度同じ時期に次男の担任の先生が次男の特性に気付いてくださり、医療機関につながり、広汎性発達障がいの診断を受けたのです。診断をいただくと同時に、これが障がいなら、同じ苦しみや大変さを持つ親子がいるはず。自分の経験が役に立つかもしれないとそこからカウンセラーを目指したんです。
仕事のSTYLE
下村 幸子
 仕事というのは“職人の技”を磨き続け必要な方に提供させていただくことだと思っています。i-counselingの目標はその人本来の力を出せるようサポートすることです。ご自分の意思と力で人生を幸せなものに出来る様になり、カウンセリングが必要なくなるカウンセリングを目指します。そのために必要なことがいくつかあります。一つ目はカウンセラーが精度のよい鏡になることです。表面だけでなく“その人の本当の姿”を見てもらうんです。ご本人が「私って本当はこんな姿でこんな力を持っていたんだ」とわかれば自信を取り戻し、その力を使えるようになります。そのためには本質を見抜く力が求められますから、曇りなくそれを見るために私自身が自己への洞察を深めていくということが重要な仕事になります。二つ目はその方の心にかけられているフィルターのロックを外すこと。こちらの鏡を磨いてもフィルター越しではやはり本当の姿は見えませんので外す必要があるのです。ところがトラウマを抱えていると解除はなかなか困難なのでここにトラウマ療法を使います。その技術を磨き続けることも重要な仕事です。三つ目は人が持っている根源的な力を信じ抜くこと。これは相手への尊厳をもって耳を傾ければ自ずとそうなります。まずこの三点を“職人”として磨き続けることですね。
 さて、仕事をする上で職人としての技術の他にも大切なことがあります。それはご縁を大事にすること。いただいたご縁、つないでくださったご縁を大切にし、こちらが出来ることを惜しまずやること。自分に何が出来るのかを考えご縁の豊かな循環を創っていく側になっていくことも大切なことです。
 この仕事のステキなところは人って本当にすばらしい力を誰もが持っているんだなということを何度も何度も教えていただけるところです。私はこの仕事が本当に大好きで大好きで、出会えたことに感謝をしています。これが私の仕事への想いです。
若者へのメッセージ
iカウンセリング
あなたが生まれてきたことそのものに、大きな可能性と未来への希望をもって進んでほしいなと思います。そして自分を信じて頑張ってください。
大抵、「最近の若者は…」などと“大人”はその未熟さや考え方、仕事へのあり様などを非難したりしますが、古代エジプトに書かれた文章にもそういった記述があるそうです。ですからこれはもう何千年も変わらぬ感覚なのですね。これまでと違う感性こそが大切だと思います。先に仕事をしている人より出来ない部分があることはあたりまえです。その部分では、目上の方からの助言はやはり経験に基づいたすばらしいものがありますから、まずは受け取ってみることが大切です。誰でも初めは先にやっている人から学ぶものです。それを自分のものにしていくに連れ、現状での問題点や改善点などが見えてくるものです。そこに新しい風を吹き込めるのはそれまでとは違う感覚を持った若者たちだと思います。
 そしてアイデアを出して工夫したり周りに相談したりしてください。この周りと相談をする、ということはとても重要です。人とつながり信頼を築き、何かあれば助け合えますし、仕事が独りよがりになることを防いでもくれます。相談したら迷惑をかけるなどと思わずに取り組んで欲しいと思います。今まだ自分に何があるのか見つからなくても必ずあります。誰のところにもチャンスはやってきます。それを掴むのは他でもない自分です。“遠慮”せずに掴みに行ってください!
プロフィール
氏名下村 幸子
こだわりお客様の持っている力を信じること
趣味行ったことのない道の開拓
会社概要
企業名i カウンセリング
所在地東京都中野区中央1-25-5 MKマンション306
業種医療
事業内容心理カウンセリング
URLhttp://www.i-counseling.jp/

※当サイトの掲載内容につきまして、取材対象者様より提供された情報を掲載しております。
掲載情報の正確性について、株式会社QWERTYは一切保証しておりませんので、
掲載記事は自己の責任において、ご利用いただくようご了承ください。