Leaders Style(リーダーズスタイル)

東和興業株式会社 都丸哲弘

大学までは一貫してサッカー部として日々汗を流す。
卒業後、大手出版社の営業職に就くものの、PCを使ったデザイン、ライティング業務に憧れて転職。24歳でマッキントッシュを使ったDTP実務を行い、その後、27歳でサッカーECサイトの運営に7年携わる。
基本的なHTMLデザイン、Photoshopを使った画像加工、日々のコールセンター業務、出始めだったSEOの実施など、幅広い業務に触れ、仕事の基礎を学ぶ。
愚直に顧客が何をすれば喜ぶかといった「ユーザーファースト」の視点で徹底的にサイトの改修・サービスの向上に務めてきた経験は、他にない強みと自負している。
その後、よりITリテラシーを深めるべく、1年間かけて専門学校に通い、ネットワーク技術を中心しとた資格取得に励む。34歳の時に、知人の紹介で飲食店コンサルティング会社に就職し、 WEBを使ったイベントなどの企画・運営、飲食店の開業を経験し、2012年に生命保険・医療保険のポータルサイトの運営会社に入社。
それまでに培った経験を活かしWEBマーケティングで活躍するも、 社長を務めていた父の死去に伴い、2013年11月に代表取締役副社長に就任、その後業績拡大に貢献し2018年6月に代表取締役社長に就任。
東和興業株式会社 都丸哲弘のリーダーズスタイルのメイン画像
 
仕事のSTYLE
日々社内で心がけている仕事スタイルは、
①明るく②厳しく③潔くの3点。
これまで20年近くサラリーマン生活を経験し、仕事ができる人の要素であると痛感し、自分もそういう人物を目指し、日々意識して取り組んでいる。
30代前後で経験したECサイトでの運営実務が今のスタイルを形作る根幹となった。まだネットで物を買うというスタイルが根付き始めた黎明期にあって、商品情報の充実・配送のスピード化など、サービス体制は今ほど充実していなかった。「明日、到着するなら注文したい」「間違った商品が届き、子どもの予定が台無しになった」「予定より1日遅れて届いた。誠意を見せて欲しい」などといった容赦のないユーザの問い合わせに翻弄され、時には逆に憤ることもあった。 しかし、その時の上司が「どんなに喧嘩してもお客様には勝てない」「お客様にファンになってもらうのが我々の仕事だ」「最初からクレームを言いたいお客様なんていない」といった考え方を学び、すべての物事の発生原因をこちら側に置くというスタイルを確立できたと考えている。
その後、これまで紙で行っていた注文を全てデータ管理に移行、手作業で行っていた在庫管理にPOSシステムを導入、当時では珍しかったモバイルサイトの開設などを行い、顧客側に立ったカイゼンを日々繰り返し、ファン作り・業務の効率化・売上増に貢献したと自負している。
この7年間で学んだことは、様々な課題・問題に当たった際、焦らず冷静に目の前の課題を解決する。ただこれは”作業”レベルであり、重要なのはその後。今後、同じミス・不満が起きない根本解決を実施して、仕組み化・ルール化すること。これが”仕事”であると考えるようになった。
最後に、今の立場となり、経営者の使命として考えていることは3点。

①従業員が力を発揮しやすい環境を作ること
②時代に即した新規事業の柱を作ること
③後継者を作ること、である。

①に関しては500名に及ぶ従業員の情報・勤務管理をクラウド型のデータベースシステムに移行。各担当者がセキュアな環境化でスマートフォンで閲覧できるようになり、きめ細かな従業員の管理・サポートができるようになった。
②はまさに現在進行中。保育園内の清掃サービスに特化した「ホイクリー」というサービスを今年の11/11にスタートさせた。その他にも、訪日客の増加・民泊サービスの拡充などに目を向け、自社サービスを拡大させるべく、複数のプロジェクトを推進している。
若者へのメッセージ
まずは何事もやってみるというスタイルを持つことだと思います。
やろうか、やるまいか悩んだら、まずやってみる。「この本を読もうか悩んだら手に取る」「セミナーに行こうか悩んだら行ってみる」「新しいスポーツに取り組もうかと揺れ動いたらやってみる」ことで必ず新しい道が広がります。
やってみなければ経験できないし、何より失敗することの重要性、大切さを学べない。最低限、リスクヘッジをした上でという条件はつきますが、『失敗とは挑戦したものだけが得られる勲章』だと思います。失敗した人は、人の痛みもわかるようになれますし、何より理由をつけてやらない人より成功への道が近づくはずです。
インターネットが普及し、様々なことがWEBでできる時代になったからこそ、人に直接会って目を見て話してみる、セミナーの会場に行って周りの雰囲気を感じてみる、あえて目的を持たず流行りのショップに行き気づきを得る、などといった言わばアナログ的な体験が重要になると思います。 情報が溢れ、誰でも専門的な知識を得られる時代になるにつれて、専門家風に雄弁に語る人をよく見かけます。評論家を志すなら構いませんが、ビジネスマンである以上、評論家ではなく実行者にならなければなりません。
常にユーザ視点に立ち、物事・サービスを徹底的に考える。そして、本当に自分がやりたい内容だと考えているのであれば、情熱と根拠を持ち、あとは実行するんだという「覚悟」を持つだけだと思います。失敗もあるでしょうが、若ければ若いほど時間がある分、挑戦することで成功に近づくはずです。
会社概要
企業名東和興業株式会社
所在地東京都港区芝大門1-6-6 芝大門ヤマトビル4F
業種サービス業(ビルメンテナンス業)
事業内容清掃、設備、警備を通してのビル管理
URLhttp://towa-kg.co.jp/

※当サイトの掲載内容につきまして、取材対象者様より提供された情報を掲載しております。
掲載情報の正確性について、株式会社QWERTYは一切保証しておりませんので、
掲載記事は自己の責任において、ご利用いただくようご了承ください。