Leaders Style(リーダーズスタイル)

株式会社リアライズ 安田和也

株式会社リアライズ 代表取締役

安田和也

日本の最北端の街'稚内市'という人口3万5千人ほどの街で生まれました。高校卒業後19歳で音楽活動(レゲエ)の夢を持ち北の都札幌へ移り住み、アルバイトや営業の仕事をしながら音楽活動をしていました。音楽活動を柔軟にやるために仲間達とデザイン会社を25歳で起業し、平成22年にテレマーケティング事業開始と共に株式会社リアライズを設立。その後は不動産事業、リサイクル事業、エンターテイメント事業など様々な事業にトライしています。現在は札幌、横浜、福岡に拠点を持ち年内には大阪支店も設立予定です。
株式会社リアライズ 安田和也のリーダーズスタイルのメイン画像
音楽活動を通じて感じたことは、'我々のような可能性のある若者達を活かしたい”という思いでした。それが起業するための根源になっていると思います。起業する前の仕事は札幌で飲食店を多数展開している勢いのある会社でした。その会社の社長の側近?みたいな事を2年ほどやっていました。目の前でどんどん規模を拡大していく社長に対しての憧れが強かったんですよね。少しでも近づきたいという気持ちが強かったんです。結局仕事のトラブルでその会社を辞たんですが、辞めてからは経営者になること以外は考えていなかったかもしれません。というか他にやりたい事がなかったんですよね笑。僕はイラストやデザインが大好きだったので、最初はデザイン事業から始めましたが正直貧乏長かったです。その後過去に経験した職種を活かしテレマーケティング事業をスタートし現在にいたります。
仕事のSTYLE
私の仕事へのこだわりは'環境づくり'と'方向性をもつ'この2つだと思っています。この2つの考え方は創業のころからぶれていません。もちろん私が率先してやり抜く仕事もありますが、パートナーを作る場合がほとんどです。パートナーの人選に対しては妥協はしません。部下をパートナーとして選んだ場合は部下のチャンスを成功させるために一緒に頑張り抜きます。そうするとその部下の達成感や使命感やモチベーションにつながり、気づくと人の上に立つ管理者に化けている場合があります。大事なのは部下を信頼して一緒に頑張ること。それがわたしの言う'環境づくり'なんです。私の人選はパートナーを'活かす'事を考えます。これは組織構築において最重要だと思います。部下の可能性を見出し仕事に役立たせること。まだまだ若い会社ですから成長過程なんですよ。もっというと頑張り方を知らない部下もいます。だから頑張り方も教えていくようにしています。次は方向性を持つことですがこれも最初は私が背中を見せていきます。管理者は部下が増えると必ず悩みます。そんな時は『俺ならこうするな』的なヒントを与えます。これが'方向性をもつ”です。一度そのヒントを与えられて自分なりに考えて悩みの解決策を出せたらもう大丈夫かなと。きっとまた悩んでも方向性だけぶれていなければ何度でも修正が効くんですよね。そんな風に”環境作り””方向性をもつ”この2つの仕事を主にやっていると思います。そしてどんどん管理者を増やし組織構築していき若い才能を活かしていこうと考えています。僕の仕事のこだわりは、人に任せることなのかもしれません。これは仕事を投げているように聞こえてしまうかもしれませんが、僕なりの部下への信頼と愛情なんです。そうやって会社を成長させているんですよね。
若者へのメッセージ
なりたい自分になるため、夢を現実にしたいための要は 'リアルなイマジネーション”じゃないですかね。 私は23歳の時には社長になろうと決断していましたから、毎朝毎晩のように社長になることをイメージしてワクワクしていました。妄想癖が強いほうなんですかね?笑 こういった事をを強く思えば思うほどなりたい自分や夢に近づくんじゃないですか。むしろ、リアルなイマジネーション以外で夢を叶えることは出来ないんじゃないかと思っています。あと、座右の銘にも書きましたが、ノリの良い人間でいて欲しいなと思います。安易な安っぽい言葉ですが、すごく大事な事だと思っています。私はノリのいい人が大好きすで。一緒に仕事してたらワクワクしますからね!そんなノリのいい人になれたら周りの人もハッピーにできると思います。
会社概要
企業名株式会社リアライズ
所在地北海道札幌市中央区北4条東2丁目8-6-1F
業種情報通信 リサイクル 不動産 エンターテイメント
事業内容テレマーケティング事業

※当サイトの掲載内容につきまして、取材対象者様より提供された情報を掲載しております。
掲載情報の正確性について、株式会社QWERTYは一切保証しておりませんので、
掲載記事は自己の責任において、ご利用いただくようご了承ください。