Leaders Style(リーダーズスタイル)

Simplish株式会社 小川壮史

Simplish株式会社 代表取締役社長

小川壮史

1985年12月3日生まれB型。埼玉県羽生市出身。青山学院大学文学部フランス文学科を卒業後、新卒で大手ブライダル企業へ入社。銀座、横浜みなとみらい、関内、湘南、名古屋、大阪なんば、本町で挙式プロデュースを行い、約1,000組の挙式に携わる。その後、26歳で渋谷ITベンチャー企業に転職し事業スタートアップから歴任。2年で年間粗利1憶2千万円の事業を牽引する。29歳の春、Simplish株式会社設立し独立。「考える企業」を理念として自社メディアをはじめ、Web制作管理画面構築では作れないものはない。自身のブログ「銀座で働く社長のブログ」も更新中。
Simplish株式会社 小川壮史のリーダーズスタイルのメイン画像
会社の事業は社会人になって経験した仕事の延長です。新卒でブライダルの仕事、転職してIT企業でフランチャイズ事業のスタートアップを行いました。現場プレイヤーとしての営業職からマネージャー職、WEBディレクターまで、一連を経験させて頂きました。その中で、IT事業のレバレッジを感じながら、フランチャイズ業界の問題も目の当たりにして、事業として課題解決をして、よりユーザーとクライアントが喜んで頂けるサービスは何かと思考して生まれたのが「フランチャイズパーク」です。これはフランチャイズ企業の公式Webサイトのアクセスを集めるサービスです。ブライダルでは、今後式場挙式の時代から、フリーウェディングプランナーの時代に移行すると考えています。より自由に低価格で挙式やパーティをしたいという顧客ニーズに応えて行けるかが、集客のポイントだと考えています。「ウェディングの神様」をリリース予定です
仕事のSTYLE
スマートな時代だからこそ効率を求めがちですが、泥臭く必死に真摯に仕事に向き合うと、必ず良い結果が出る様に思います。スポーツで例えると、センスでやり続けて結果が出て来たスター選手と、努力を重ねたけど、最終的に2軍で終わって、だけど監督からはキャプテンを任される様な存在。こんな人がビジネスの世界では成功している様に思います。要は、如何に早く今までの過去の栄光を捨てられるか。それに尽きるのかな、と思います。「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉があります。経営者をやっていると、サラリーマン時代と比べて、頭を下げる機会が多い様に思います。仕事を頂いて感謝の気持ちを込めて「有難うございます」、御納得のいかない納品になった時に、頭を下げるお詫びの「申し訳ございません」会社が大きくなればなるほど、機会が増えて来るのかなと思います。真摯にひたむきに、泥臭く効率ばかりを負わずに仕事をして行きたいですね。あとは、人からの意見は素直に耳を傾けて下さい。皆、誰しもが自分が可愛いので、自分にとって都合が悪い事は耳を塞ぎたがりますが、その意見に真摯に耳を傾ける事で、新たな成長が期待できると思います。
若者へのメッセージ
自分の好きな事。興味関心がある事にチャレンジして下さい。自分の人生だから、自分のキャンパスに好きな曲線を描いて良い。自分を持って、頑張って欲しいです。嬉しい事も、辛い事も有ると思いますが、それも全て今の自分に必要な事。それを真摯に逃げずに受け止めて行く。そして、超えて行く。それこそが、本当の成長だと思います。疲れたら、休めば良いと思います。ずっと走らなくても、たまには一休みしながら、ゆっくりと成長して行って下さい。すごく努力して頑張って熱くて、何かに一生懸命になれる事は貴重です。いつか、その時を思い返したら、笑っちゃうくらいに今この瞬間を頑張ってみて下さい。今、努力で来たら一生努力できます。一緒に夢に向かって頑張りましょう。私も夢を追う仲間です。
会社概要
企業名Simplish株式会社
所在地東京都中央区銀座七丁目13番6号サガミビル2階
業種ITサービス
事業内容自社メディア運営・WEB制作管理画面構築・プロモーション

※当サイトの掲載内容につきまして、取材対象者様より提供された情報を掲載しております。
掲載情報の正確性について、株式会社QWERTYは一切保証しておりませんので、
掲載記事は自己の責任において、ご利用いただくようご了承ください。