Leaders Style(リーダーズスタイル)

クレモト歯科なんば診療所 呉本勝隆

クレモト歯科なんば診療所 院長

呉本勝隆

日本大学歯学部卒業後、日本赤十字社和歌山医療センター歯科口腔外科に勤務。その後大阪大学大学院歯学研究科 歯科保存学教室に入局し2014年に博士号取得。2015年クレモト歯科なんば診療所開院。現在大阪大学特任研究員、日本歯科保存学会専門医、新大阪歯科衛生士専門学校教育課程編成委員。
クレモト歯科なんば診療所 呉本勝隆のリーダーズスタイルのメイン画像
小学校の頃から、プラモデルを造ったり、細かい作業が大好きでした。父親が歯科医師だったこともあり、歯科医師の仕事に興味を持つようになりました。実際歯科医師になって、本当に天職だと思っています。
仕事のSTYLE
私が大阪大学の保存科に入局して初めて歯科用顕微鏡を覗いたとき、体中に衝撃が走りました。これまで、肉眼ではキッチリと治療したつもりでいたものが、顕微鏡レベルでみると全く出来ていませんでした。多くの歯科医院のホームページには、「質の高い治療」や「丁寧な治療」などの言葉が軽く用いられていますが、真に質の高い治療を行うためには、顕微鏡が必須だと考えています。運良く、私が大阪大学で与えられた研究テーマはネズミの歯に関するものでした。そのため、大学院時代の4年間はネズミの歯をずっと顕微鏡で覗く毎日でした。このような恵まれた環境にあったからこそ、顕微鏡治療の技術がいち早く習得できたのだろうと考えます。他の歯科医院で抜かないといけないと言われた歯を治せたとき、私は最高のやりがいと達成感を感じます。そのような歯を救うことが自分の使命であると思っています。顕微鏡を駆使し、真に質の高い歯科医療を行う。それが私の仕事へのこだわりです。
若者へのメッセージ
自分は何のために仕事しているのか、何のために生きているのか、卒業したばかりの頃は何も考えていませんでした。しかし、顕微鏡との出会いがあり、今では自分の仕事観・人生観が確立されました。医療従事者は、自分がお金を稼ぐことや、いい暮らしをするためではなく、困っている患者を救うことに最高の喜びを感じるべきだと思います。その充実感や達成感は、何物にもかえ難いものです。仕事が、生きるための手段ではなく、仕事に生きがいを感じれるような人生を探して欲しいと思います。
会社概要
企業名クレモト歯科なんば診療所
所在地大阪市浪速区元町2-3-19 TCAビル5F
業種歯科医院
事業内容歯科用顕微鏡を使用した質の高い歯科医療

※当サイトの掲載内容につきまして、取材対象者様より提供された情報を掲載しております。
掲載情報の正確性について、株式会社QWERTYは一切保証しておりませんので、
掲載記事は自己の責任において、ご利用いただくようご了承ください。