Leaders Style(リーダーズスタイル)

株式会社RESPAGE 滝本大介

株式会社RESPAGE 代表取締役

滝本大介

ホテル専門学校卒業後、株式会社ホテルオークラに入社しホスピタリティーの基礎を学ぶ。その後飲食店経営を学ぶ為、株式会社レインズインターナショナルに入社し飲食店経営の基礎を習得。 専門学校時代の恩師の誘いを受け、これまでに培ったサービスと経営の経験をより多くの人に伝えるため母校である専門学校の講師を務める。その後、生活の基礎である「衣・食・住」の「住」に興味を持ち、株式会社キャッツに入社。営業未経験ながら入社半年でトップセールスマンとなる。その後株式会社光通信に入社し社長室にてパートナー開拓・推進営業・営業研修・人事部等を経て独立。 2015年7月株式会社RESPAGE設立、代表取締役就任
株式会社RESPAGE 滝本大介のリーダーズスタイルのメイン画像
より社会貢献をして責任のある仕事をしたいと考えておりました。専務取締役の増田の1番のビジネスパートナーの支えもあり、沢山の人々に感動とおもてなしを届けたいと強く思い起業を決めました。またその中でもより多くの人々のお役に立てることは何かと考えていた時にやはり人財が鍵になるのではないかと感じ教育研修事業を根幹にビジネスを展開しております。教育研修といえばRESPAGEだよね!と周囲の人々が誰でも言えるくらいのブランド価値向上を目指しております。起業した以上は今まで以上にやり続ける!走り続けなければならない!そういう思いから現在に至ります。
仕事のSTYLE
【誰に対しても感じの良いと思って頂ける挨拶】新人時代からフレッシュさと人を巻き込んで率先して行動をしていました。特に仕事においては常に良い影響力を与えられるように存在感を出すようにしていました。原点は自ら周りに歩み寄ることの中で当たり前のことかもしれませんが元気の良い挨拶をしていました。第一印象は3秒で決まると言われていますがいかに印象に残る人でいられるかが本当に大切だと感じております。【無限の可能性の扉を自ら開く】自分にしか出来ないこと、周囲を盛り上げることにおいては特にこだわりを持っております。それとやはり固定概念や先入観で物事を捉えるのではなく、柔軟に様々な角度から物事の本質を見極めることを常日頃から忘れないようにしています。特にビジネスにおいては判断を一つ間違えば多大なるご迷惑を周囲にかけてしまうので、そういったことの無いように何故何故を自問自答しながらよく考えながら時には素早い決断もします。【リーダーシップの価値】全ての始まりはよりよいコミュニケーションで信頼を結んでいくものだと考えておりますので受身ではなく主体性を持って真のリーダーシップを発揮していくのが自分のSTYLEです。差別化=存在価値だと感じておりますので、そこでしか味わえないような貴重な人であり続けたい、人間味のあるそんなSTYLEをこれからも貫き通していきます。【出来るよりもやれる人へ】出来る出来ないのではなく、やるかやらないかが重要です。またやるならとことんやり続ける、限界を決めずに行きます。
若者へのメッセージ
考えるよりもまず行動です。迷いや不安は必ず誰にでも訪れます。その中で大切なのは準備や想定をしておくことで客観的に物事を捉えられるようになります。決して待つのではなく失敗を恐れずに自分自身がこれだ!と直感で感じたことは思い切り躊躇することなく突き進んで実行してもらいたいと考えております。どんな難問にも必ず答えがあります。その答えを持っているのは自分自身です。自身が変われば周りも変わります。本気になるなら今!迷うことなく社会の出たらもっともっと楽しい冒険が待っています。必ずあなたのことを見ている人がいます。そしてあなたの情熱や一生懸命仕事に対して取り組んでいる姿は輝きを放ちます。
会社概要
企業名株式会社RESPAGE
所在地東京都港区虎ノ門1-6-16 虎ノ門RAPO‐TOビル7階
業種営業コンサルティング
事業内容教育・研修事業

※当サイトの掲載内容につきまして、取材対象者様より提供された情報を掲載しております。
掲載情報の正確性について、株式会社QWERTYは一切保証しておりませんので、
掲載記事は自己の責任において、ご利用いただくようご了承ください。