Leaders Style(リーダーズスタイル)

株式会社ユナイテッドマインドジャパン 宮沢光平

株式会社ユナイテッドマインドジャパン 代表取締役

宮沢光平

1983年、埼玉県生まれ。法政大学卒業後、外資系大手IT企業に入社。その後、人の感情を数値化するロボットソフトウェアを開発するベンチャー企業に経営企画として参画。 埼玉の食品メーカーにて、海外進出支援の責任者を担当した後、2014年6月、東南アジアを中心とした外国人材の活用を支援する株式会社ユナイテッドマインドジャパンを設立。 日本に来ている3000名以上の外国人材との交流歴をノウハウ化。また、採用リスクを最小限に抑えた、業界初「月額制外国人アルバイト紹介」等、外国人材をこれから活用していこうとする企業の視点に立った提案で、大手スーパーからの仕事依頼の他、日本企業の真の外国人活用を推進中。
株式会社ユナイテッドマインドジャパン 宮沢光平のリーダーズスタイルのメイン画像
子供の頃から、ロボットが出てくるような未来の世界に憧れていました。やがて、私は、これらを形にする側の人間になりたいと思いました。大学卒業後、数あるIT企業の中でも、ロボットの他、革新的な技術を研究レベルでなく、サービスとして展開している企業に入社しました。そこで、ロボットの心の部分にあたる、人の感情を認識する技術を世の中に広めようと奮闘しましたが、力不足でそれが出来ませんでした。また、技術ありきでサービスを広めようとしていた自分に反省し、商売の基本が学べる食品メーカーに転職しました。そこでは、中国、アジアに進出するための責任者を務めました。現地パートナーや日本滞在の外国人と知り合っていくうちに、異文化の”人間”に大変興味が沸きました。同時に異文化と日本が”IT”と”マインド”を駆使し、バランス良く交わることで、様々な問題が解決出来ることに気が付きました。そして、現在の会社を立ち上げました。
仕事のSTYLE
「常識にとらわれない。」「限界を決めない。」ということです。世界初の技術に携わっていたせいか、新人の頃から、大手企業の役員の方や社長様にお会いさせていただく機会が多くありました。その方々に共通していたのは、常識の壁を壊そうと常に努力をされているということでした。また、その壁を破り続けるために努力をしているということでした。 ”常識”や”限界”というのは、誰かに勝手に決められた曖昧な概念であり、それを自分自身が受け入れない限り、どこまでも壁を壊し続けていけると思っています。私自身、常に、これを意識して動ける程、強い人間ではありませんが、気が付いたときに、これを頭に唱えることによって、また走り出せている気がしています。また、その意識が思わぬ良い結果を運んできてくれているような気がしています。この考え方も一つの例であり、日本には、このような考え方を教えてくれる先達がたくさん存在ます。しかし、東南アジアには、まだまだその先達が少ない状況だと感じております。いろいろなことを犠牲にしてでも、目の前のお金を稼ぐために生きるのではなく、一歩先を見据えて、そして、自分、家族、世の中の未来を見据えて、行動が出来る人材を多く輩出することが当社のミッションにもなっています。
若者へのメッセージ
「若い。それだけでも得なんだ」と誰かが言っていました。私も、その意味がほんの少しだけ分かるようになってきた気がします。得なうちに一分一秒を無駄にしないで、精一杯生きてみませんか!?
会社概要
企業名株式会社ユナイテッドマインドジャパン
所在地東京都豊島区東池袋1-48-10 25山京ビル221
業種外国人専門就業教育、人材紹介
事業内容アルバイト、外国人技能実習生、正社員等、様々な雇用形態の中から、いかにして、外国人を活用するべきかを総合的に提案。国内外の外国人材紹介。教育受託。 その他、翻訳、留学生向け就業教育 等

※当サイトの掲載内容につきまして、取材対象者様より提供された情報を掲載しております。
掲載情報の正確性について、株式会社QWERTYは一切保証しておりませんので、
掲載記事は自己の責任において、ご利用いただくようご了承ください。