Leaders Style(リーダーズスタイル)

山本左近

1982年、愛知県生まれ。12歳の時にカートをはじめ、国内外のカートレース出場、高校卒業と同時にF3へ。2002年から海外へレース活動を移す。一度帰国するも、2006年にスーパーアグリF1チームからF1ドライバーとしてデビュー。翌年はスパイカーF1から出場。2008年はルノーF1チームのテストドライバーになる。2009年はAudiのチームと契約しヨーロッパのGTレースに出場。
山本左近のリーダーズスタイルのメイン画像
 小学校にあがる頃にF1日本GPを初めて見た時の衝撃がものすごく、以来レースをしたい、いつかはF1に乗りたいと思うようになりました。ある雑誌に「当時のF1ドライバーの半数以上は12歳までにカートをはじめている」と書いてあったので、小学校6年生になれば12歳となるため、F1ドライバーになるためには、すぐに始めなければならないと思い、初めて両親に土下座をしてお願いしました。その思いに折れた両親は「学校の勉強を続ける事と、一年だけ」の条件付きで始めさせてくれました。
言葉に出会ったからF1ドライバーになれた
山本左近
 その後、学校との両立は難しかったですし、すべてがうまくいったわけではありませんが、留学やF3での様々な経験を通じて、自分の夢であり目標であったF1という舞台へ踏み出す事できました。選手としてはもちろんメインはレース活動という事になるのですが、今後も自分がレースするだけでなく、レースや、モータースポーツを通して、社会貢献をしていきたいと思っています。

 「人間は自己実現不可能な夢は描かない」という言葉に出会ったからこそ、僕はF1ドライバーになれたと思っています。だから若者にも、自分の夢を諦めるようなもったいない事だけはして欲しくないと思います。頑張ってください。
※記事の内容は取材当時のものとなります