Leaders Style(リーダーズスタイル)

エコバイオ株式会社 立川 京介

1969年愛媛県松山市に誕生。高校まで松山市で、大学生活はバブル真っ最中の東京にて過ごす。伊予銀行に入行後、本店営業部、名古屋、高松支店にて14年間銀行員を生活を送る。知人の会社など2社で各一年貴重な経験をさせていただいた後、2007年5月エコバイオ株式会社を設立、現在に至る。
エコバイオ株式会社 立川 京介のリーダーズスタイルのメイン画像
銀行退職後に銀行時代の名古屋支店のクライアントから、バイオディーゼル燃料事業、新規立ち上げについて相談を受けた事をきっかけにこの事業と出逢う。一般的には「廃棄物」として取り扱われているものが「エネルギー」として利用できるストーリーに惹かれのめり込むことに。この事業を通じて「もったいない」や「お互い様」など従来の日本国民が「当たり前」に持っていた価値観が薄れてきている事を感じるようになる。両親が環境関係の研究者であった為、一般的な方よりは少し環境に関心、知識があった事等もあり自分にしか出来ない事かもと、「勘違い」をした為、これらの価値観を再認識することで多くのことが解決できるのではと考え「文化を売りたい」と起業。
仕事のSTYLE
幼い頃から人を喜ばす事が好きで「人の役に立ちたい」といったような想いがありました。時が経つにつれ「人の役に立ちたい」のではなく「人の役にたてる自分になりたい」事に気が付きました。つまり自分の「エゴ」です。邪念の多い私の場合、「自分の為に」なのです。その事に気がついてから自分の人生に関して起きる全ての事は「自己責任」だと考えるようになりました。この考え方は私には合っており、様々な不要な感情「怒り」や「不満」などからかなり開放されることになりました。社会や地球・他人など自分以外の「周り」の為にしていると思うと時として「何故理解してくれないの?」と不満を持ちますが「自分の為にしている事」だと考えれば、受け入れられなかった時などもすんなり受け入れることができ、どのようにしたら受け入れて頂けるかや、先方のメリット等を真剣に考えることができます。そこで自分のしたいことが自分にしかメリットが無いことであればそれは目標設定が間違っていると考えます。自分の実現したいことが、クライアントや顧客のメリットに繋がる場合、それらを正しく伝える事が出来ればお互いの利害が一致しステークホルダー全てが「自分のしたい事」として当事者意識を持ってプロジェクトが進み始めます。すると時として「奇跡」が生まれます。これはビジネスのみならず、恋愛や家庭など全ての人間関係において同じことが言えると考えています。相手の立場、価値観、気持ち等を可能な限り配慮し自分の提案とリンクすることができれば実現の可能性は飛躍的に高まると考えています。相手の立場で考えればより分かり易いと思いますが、自分の事を懸命に理解しようと努力し、メリットのある提案をしてくださる方をあなたは無碍にはしないはずです。もしそれをするようなクライアントであれば私は共に仕事をしたいとは思わないので自ら引きます。
若者へのメッセージ
私自身がまだまだ未熟で新社会人の方より少しだけ人生を長く生きているだけなので、ある意味自分自身へのメッセージです。私は物事が可能か不可能かを決める大部分は自分自身にあると考えています。時には自分自身を「勘違い」させてでも懸命に取り組めば可能性は飛躍的に上がると考えています。反対に自分が無理だと判断し努力しなければこれは100%不可能になる事を確定出来ます。情報が多い現代では情報に翻弄され、出来ない理由を論理的に説明する事は容易です。そのため「どうせ無理だよね」と考えるのも一つの正解だと思います。ただそこからは何も生まれないのも事実だと思います。世の中に大きな影響をもたらした文化やプロダクトの多くは当時の「常識」から何らかの意味で外れていた物が多いと思います。案外雑談の中にあるバカバカしいような案に「解」があると考えています。何かを思いついたらせめて一度だけでも懸命に取り組んで見てください。案外結果よりも「懸命」に何かを取り組んだ人にしか分からない様々な事や、失敗なしに学ぶ事は出来ない事など多くを感じそれからの自分の人生に変化があると思います。自分自身の人生は全て自分の「価値観」で決めることができます。他の誰かの人生を評価したり、批判する事は誰にも出来ない代わりに自分の人生も自分にしか評価出来ません。自分自身や自分の大切な人に共感してもらえる人生に出来れば私は幸せだと考えます。
会社概要
企業名エコバイオ株式会社
所在地愛媛県古三津2丁目16-14
業種環境コンサルタント・バイオ燃料精製販売
事業内容BDF事業全般、エコ事業のプロデュース、コンサルティング
URLhttp://www.ecobio.co.jp/

※当サイトの掲載内容につきまして、取材対象者様より提供された情報を掲載しております。
掲載情報の正確性について、株式会社QWERTYは一切保証しておりませんので、
掲載記事は自己の責任において、ご利用いただくようご了承ください。