Leaders Style(リーダーズスタイル)

岡崎裕子

陶芸家。1997年に株式会社イッセイミヤケに入社し、広報部に配属される。三宅氏との仕事を通して刺激を受け、自らの手によるモノづくりの機会を求め茨城県の陶芸家・森田榮一氏を訪ね弟子入りを果たす。その後、2004年に笠間市窯業指導所入所、釉薬科・石膏科修了し、帰京後都内2か所の陶芸教室に勤務する。現在は横須賀市の自宅に陶房を構え、陶芸活動に励んでいる。2009年の初個展を皮切りに、有名ギャラリーや百貨店での展覧会で活躍中。
岡崎裕子のリーダーズスタイルのメイン画像
 幼稚園児の頃は、内気で妄想癖のある子供でしたが、やがて友人にも恵まれ、中学・高校はバレーボール部に所属し、とても活発的で体育会系の生活を送る学生時代でした。また勉強が大の苦手でしたが、その中で美術だけは好成績でした。小さい頃から「ものつくりを仕事にしたい」という思いをずっと持っていて、図工と美術の時間がとにかく楽しくて仕方なかったですね。
自分のしたいことは自分の力で実現する
岡崎裕子
 「ものつくりがしたい」という想いに迷いはありませんでした。しかし両親の反対を押し切れず、美大受験を断念したことは忘れられません。その時に自分のしたい事は自分の力で実現しなくてはいけないのだということを痛感しました。またネガティブなエネルギーは長期的に見るとポジティブなエネルギーに変わるのだと気付きました。目先の事で怖がらず、長期的に物事をとらえる事で、実現できる夢の幅は広がります。
 家出同然で陶芸修行のために移住したのですが、5年間の修行期間が終わる頃には、両親が一番の応援者になってくれていました。

 自分がなりたいと思う、やってみたいと思う職業があるのであれば、足を使い、頭を使い、まずは「行動」することが大事だと思います。考えるだけではなく、行動し自分のイメージと現実を、近づけることが夢への一番の近道だと思います。
※記事の内容は取材当時のものとなります