Leaders Style(リーダーズスタイル)

株式会社日本ロジファクトリー 青木正一

株式会社日本ロジファクトリー 代表取締役社長

青木正一

1964年生まれ 大阪府出身、京都産業大学経済学部卒。学生時代に数ケのベンチャービジネスを行い、卒業後、ドライバーとして大阪佐川急便入社。 1989年株式会社船井総合研究所入社。物流開発チーム・トラックチームの立上げを経て、コンサルティングでは対応できない顧客からの要望を事業化するという主旨で1996年“荷主企業と 物流企業の温度差をなくす物流バンク”をコンセプトに、物流新業態企業「日本ロジファクトリー」を設立。代表取締役に就任。
株式会社日本ロジファクトリー 青木正一のリーダーズスタイルのメイン画像
大学3回生の際に学生ベンチャーをおこない、そこでビジネスの面白さを感じ、20歳の時に独立をしようと決めました。まずはお金を貯めようと考えた時に3つの仕事を思いつきました。1つ目はマグロ漁船に乗る、2つ目は餃子の王将の店長になる、3つ目は佐川急便に勤める、ということです。1つ目のマグロ漁船は親一人子一人だったので年に2回しか帰れないので難しく、2つ目の餃子の王将はいきなり店長になれなかったので残った佐川急便にドライバーとして就職しました。佐川急便で3年働き、1000万円分の資本金分を貯め、ビジネスのノウハウを学ぶために経営コンサルタントである船井総合研究所へ7年4か月勤めました。そこで物流開発チーム・トラックチームというのを作らせてもらい、今の仕事の前進の業務を行い、1996年に独立しました。
仕事のSTYLE
無から有をつくるということを会社をつくる前からの心情としています。道なきところに道をつくる、無から有をつくり、人の物まねをせず、誰もがやっていることを追いかけずに進むのをこだわりとしています。また、男は群れずに、よく働きよく学び、よく遊ぶことをしています。若いころは本を3冊平行読みをし、頭のスイッチングを常に意識をし、クリエイティブ性を磨いてました。
若者へのメッセージ
自分らしさを大事にしてください。自分を探しは30歳までかかると思います。自分自身が分かるまでかなり時間がかかると思います。やりたいことを見つけることを焦らず、生まれてきただけでもラッキーだと思うので自分らしさを大切にした生き方をしてください。
会社概要
企業名株式会社日本ロジファクトリー
所在地東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル2F
業種物流改善、物流アウトソーシング、物流コンサルティング
事業内容・物流スクール事業 ※経営革新承認事業 ・3PL事業 ・物流実務コンサルティング ・物流再生事業 ・物流システムプランニング ・物流センター開発事業

※当サイトの掲載内容につきまして、取材対象者様より提供された情報を掲載しております。
掲載情報の正確性について、株式会社QWERTYは一切保証しておりませんので、
掲載記事は自己の責任において、ご利用いただくようご了承ください。