Leaders Style(リーダーズスタイル)

武蔵

1995年、K-1 REVENGE2でパトリック・スミスから2R KOにより、衝撃デビュー。K-1 GRAND PRIX'96で唯一の日本人として出場、ベスト4に進出する。K-1 WORLD GP 2003, 2004での準優勝の記録などさまざまな偉業を成し遂げる。2009年8月、惜しまれつつ引退を表明。実弟でありキックボクサーTOMOと株式会社パウンド・フォー・パウンドを設立。
武蔵のリーダーズスタイルのメイン画像
 今と違って実は体が大きくなく、幼少期は漫画家になりたくて絵ばかり描いていました。 また調子乗りで、体を動かす事が好きだったので「頼られるヤツはカッコいい!いざという時に頼ってもらえる存在になりたい!」という想いがありました。 そしてジャッキー・チェンの映画に影響され、体を鍛えてアクションスターになろうと思っていました。
「自分もこうなりたい」と思った
武蔵
 17歳の時、正道会館の空手の練習を見にいった時に「これをやろう!」と決めました。その後K-1にスタッフで参加した時に、先輩がものすごい声援を受けているのを目の辺りにして「自分もこうなりたい」と思いました。しかし最初に先輩と相手をして、すぐにやられ悔しい思いをしました。「ここで絶対に1番になる!」と決め、練習に励みました。

 センスがあったわけでもなかったですし、練習も努力という感覚ではなく、好きだからこそ頑張れました。信念を持って突き進めば必ず人は認めてもらえるということも、WGP準優勝を通じて感じました。これからも自分がカッコイイと思った事には挑戦したい!!一個人の武蔵としていろんな事に挑戦していきたいと思います。

 「今時の若い奴らは」とよく聞きますが、そう言われない若者でいてください。自分がそう言われればものすごく腹が立ちますし、自分の信念を持って、強い気持ちを持った若者であってほしいと思います。
※記事の内容は取材当時のものとなります