Leaders Style(リーダーズスタイル)

タカナシクリニック-美容整形 高梨真教

タカナシクリニック 院長

高梨真教

1963年生まれ 1989年3月佐賀医科大学医学部卒業 4月九州大学皮膚科勤務 1990年9月東京警察病院形成外科勤務 1998年タカナシクリニック開院 日本形成外科学会専門医・日本皮膚科学会会・日本美容外科学会会員など 著書・分担執筆 名医の美容整形―キレイになった30症例(小学館文庫)文庫 VOCE別冊 メディカルビューティバイブル マッド髙梨の美容整形講座 あざのレーザー治療 皮膚科医はじめるcosmetic dermatology Advanced Cosmetic Dermatology ①② その他 日本形成外科学会誌日本美容外科学会誌日本皮膚科学会誌Dermatogica誌
タカナシクリニック-美容整形 高梨真教のリーダーズスタイルのメイン画像
高校は理系のクラスにいたのですが、クラスの3割程度の人が国公立の医学部に進学しました。つまり、最もメジャーな進学先が医学部だったので、医学部を受験したという単純な理由です。医学部に入学当初から、ぼんやりと美容外科という選択肢を考えてはいました。というよりも、それ以外の科のドクターになることが考えられなかった、という方が正しいかもしれませんね。卒業後は九州大学病院の皮膚科に入局し、その後東京警察病院では形成外科を学びました。両方とも優れた所です。退職と同時に、現在の『タカナシクリニック』を開院しました。当時、美容皮膚科領域では、ケミカルピーリングやレーザー脱毛、ヒアルロン酸注射やボトックス注射など、世界的に新しいトレンドが誕生した時期でもあります。自分の携わっていた分野が、急速に世の中に拡散する時期であり、開業当時より雑誌の取材等メディアに出演する機会に恵まれ、現在に至っております。
仕事のSTYLE
私が患者様とカウンセリングする上で重要視していることは、内面的な特徴と外見的な特徴のバランスをどのように取っていくかということです。・黄金比から診る現在の印象 ・希望の施術内容・変わったことで与える印象・現在の状況(ダウンタイムが取れるのか、周りにばれてもいいのか、年齢、職業など)・将来像 etc・・・。これらを踏まえ、その人に合わせたカウンセリングを行っていきます。ここで重要なのは、ミリ単位の違いで与える印象は変わります。具体的な数値と比率をみていくとこうなります。身長160cmの場合、目の横幅の平均は30mm前後です。例えば目頭切開をして、片側の目の横幅を1.5mm大きくした場合、目の横幅は5%大きくなったことになります。身長に換算すると、8cmの身長差に当たります。そんなに大きくなったら、かなり雰囲気変わりますよね?つまり、1mmの変化が顔の中では大きな印象の変化を与えるということです。利益を目的とした患者様の希望通りの施術を行わず、黄金比との比較でプロとしてのアドバイスを行っています。形成外科専門医の世界には、患者様の出来上がりの良さではなく、いかに困難な手術をこなせるかにこだわりを持っている医師も少なくありません。私はそれに対し、研修医時代より違和感を持っていました。施術にはテクニックや経験も重要になります。しかし、いかにデメリットを減らすか、ということも重要なポイントです。患者様の身体にとってだけでなく、自分の出来ること以上のことをしない、患者様にも自分にも無理をしないということです。やりっぱなしで、最後まで責任を持てない、というようなことはしたくないですね。患者様にわかりやすい説明をし、メリット・デメリットを理解した上で治療・施術をしていきたいと思っています。医師としてごく当たり前のことですが、今後もこの姿勢は、持ち続けていたいと思っています。
若者へのメッセージ
職業柄、容姿のことはもちろんですが、恋愛のこと、仕事のこと、将来のこと等、様々な相談をされることがあります。そんな時、その人の年齢や性格、経歴なんかを視野に入れながら話をするのですが、共通して感じることがあります。それは、短期目線であるということ。やりたくないことはやらないで、何も考えずに3年、5年と月日は経って行ったとしても、その間はどうにかなるでしょう。しかし、それでいいのでしょうか。人生は嫌でも続いていきます。10年後、20年後はどうしますか?こうなりたい、という具体的な目標である必要はないと思います。しかし、『最悪の事態にならないための準備』というものをしておくということが、必要じゃないかと思います。平成以前はもちろん、10年前までは、日本人は日本の中で生きていければ、あるいは成功すればよいというのが当たり前の考え方であったと思います。でも現代は、世界は驚くべき速さで狭く、身近になってきている。現在では、日本の中だけでという考え自体が、時代遅れになっていると感じます。特に若い時代に世界に接する事、これが留学でも海外で働くでも、たとえばインターネットでも構わない。とにかく、世界情勢も含めて、先を見据えて視野を広く持つことが、今後は必要になっていくんじゃないかと思います。
会社概要
企業名医療法人ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
所在地東京都新宿区新宿4-3-15 レイフラット新宿2階
業種医療
事業内容形成外科・美容外科・皮膚科・アレルギー科を専門とした診療を行っている。

※当サイトの掲載内容につきまして、取材対象者様より提供された情報を掲載しております。
掲載情報の正確性について、株式会社QWERTYは一切保証しておりませんので、
掲載記事は自己の責任において、ご利用いただくようご了承ください。