Leaders Style(リーダーズスタイル)

株式会社奥田工務店 古谷孝

株式会社奥田工務店 代表取締役社長

古谷孝

1977年滋賀県立八幡工業高等学校建築科を卒業後、辻寅建設株式会社に入社。現場監督としての数々の現場で施工管理の経験を積む。93年株式会社奥田工務店入社。同社取締役工事部長、常務取締役、専務取締役を経て、2007年より現職。
株式会社奥田工務店 古谷孝のリーダーズスタイルのメイン画像
元々は私も現場監督をしていましたので、今でも「ものづくり」が非常に好きです。社名にも「工務店」とあるように、自分たちで作ったものを、自分たちでお客様にお渡しするいうことを目標にしています。一から作り上げた建物をお客様に喜んでもらえたら、自ずとまた次の仕事につながっていきます。「この現場を見てください!」と自信を持って言えるようになるからです。机上の計画も大事ですが、実際のものづくりが最も大切だと思っています。

私たちが初めて現場行く時には何もありません。まっさらな地面です。その地面に杭を打ち、基礎をして、鉄骨を立てて建物を完成させます。完成に至るまでには当然さまざまな苦労があります。施主さんはもちろん、協力業者や設計事務所、時には近隣の方々とも綿密な話し合いを重ねながら、無事故で建設工事を進められるように努め、品質の良い建物をお客様に渡すわけです。いくら苦労しても竣工式でお客様に「ありがとう、よくやってくれたね」と労をねぎらわれたら、その苦労は一気に吹き飛びます。何もないところから一つのものを作り上げる、それは非常に素晴らしいことだと思っています。
好きこそ物の上手なれ
古谷孝
当社は地元の滋賀県を中心に建設業を展開しています。ビルや学校、工場といった建物の建設を得意としています。滋賀は今も昔も東海道や中山道など関東と京都を結ぶ交通の要所という土地柄です。東京オリンピック・パラリンピックの開催が迫り、都内での仕事のお誘いもありますが、長いお付き合いのあるお客様がたくさんいらっしゃいますので、ここでの仕事を大切に守っていきたいと思っています。

工業高校の建築科を卒業後は建築会社に就職。すぐに建築現場に配属され、現場監督としての経験を積ませていただきました。現場監督は指示をする立場ですが、学校で習ったことが100%役に立つかというとそうではなく、現場の職人さんたちの方が年齢も知識もはるかに上でしたので、最初の2年間はとにかくわからないことは全て職人さんたちに聞いて教えてもらっていましたね。3年目になるとさすがに教えてくれなくなりますので、初めのうちにいかに吸収するかが大事だと思って取り組み、図面も自分で書けるまでになりました。

現場監督業という仕事は、知識はもちろん技術的なことも出来ないといけませんし、関係者との交渉事もこなさないといけません。厳しい場面も多々あり、現場監督業が出来るなら世の中のどんな仕事でも通用するのではないかと思うほどです。しかし、そういうことが多いがために、出来上がった時の喜びもひとしおなのだろうと思います。

「好きこそ物の上手なれ」という言葉がありますが、私は建物を作ることが本当に好きで、休みの日にはいろいろな建物を見に行きます。車に乗っていても足場が組んであるのを見かけたら「何を建設しているんだろう」と気になったり、おしゃれな建物を見て「今度こういう風にやってみようかな」と考えたりします。ものづくりが好きでおもしろかった。その思いがあったからこそ自然に努力できたのだと思っています。
楽しく働き、素晴らしい人生に
株式会社奥田工務店
その会社で当時役員を務めていた当社現会長の奥田が、退職して家業の工務店を継ぐことになり、一緒に来てくれないかと声をかけられました。私は当時から親しくさせてもらっていましたし大変お世話になっていたので、16年勤めた会社を辞めて奥田と行動を共にしました。他にも賛同してくれる仲間がおり、8名での新生奥田工務店のスタートになりました。当時は年商2億規模の会社で、どこにでもあるような町の工務店でした。日銭を稼ぐために下請けでも何でもするというような感じでいろいろな仕事を受けていましたが、2年も経つと、このまま下請けばかりでは将来が不安だと思い、自分たちで営業をかけていくことに。すると徐々に世間でも私たちの仕事をわかってくれるようになって、仕事がもらえるようになり、官庁や企業の工事を受託するための入札にも参加できるようになりました。

以前の会社を追い越す覚悟で、無我夢中で取り組んだ結果、2018年秋の決算では年商120億を達成。滋賀ではトップクラスの建設業者になりました。技術力を高め、建築資材は集中購買で安く仕入れるなどの工夫をし、ひたすら建物の品質を保ちながら低コストで提供することに努めてきたその一つひとつの積み重ねが、お客様からの信頼を得ることにつながったのだと思います。協力業者さんにも切れ目なく業務を発注し、短期間で仕事が回るようにしたところ、自ずとコスト削減につながりました。段取りを改善することは現場監督の技量の見せどころであり、この仕事をする上で最もおもしろいところの一つです。価格競争ではどこにも負けないという自信があります。今後は年商150億~200億の規模を目処に、利益率の向上に注力し、お客様と社員の両方に喜んでもらえるような会社にしていきたいと思っています。

若い方々にはぜひ「将来は社長になる」という野望を持って、日々精進していただきたいと思います。どんな事も吸収できる年頃です。初めのうちは右も左も分かりません。挫折も味わうこともあるでしょう。いろんな先輩たちに接し、教えを乞うたり、また、その技を盗んだりして、一歩一歩前進するのです。私が今、学んでいる先生の言葉に「人生の結果=考え方×熱意×能力」という言葉があります。「能力」と「熱意」はそれぞれ0点から100点まであり、これが掛け算となるので、能力を鼻にかけ努力を怠った人よりも、自分には能力が足りないと思って、誰にも負けない努力をした人の方が、はるかに素晴らしい成果をあげることができるのです。最も大切なのは「考え方」です。「考え方」にはプラスとマイナスがあります。もしマイナスの考え方の人が素晴らしい能力を持ち、強烈な熱意で行動すれば、大きなマイナスの結果となります。どのような時にもプラスの考え方を持ち続け、誰にも負けない熱意で、持てる能力を存分に発揮して行動する。すると、長い年を経た後に、それが大きな差となって出てきます。そして仕事は楽しくやることです。一日の起きている時間で一番長い時間は仕事に接している時間です。その時間が楽しければ楽しいほど、人生は素晴らしいものになると思います。
プロフィール
氏名古谷孝
こだわり三方よし
趣味旅行、ゴルフ
会社概要
企業名株式会社奥田工務店
所在地滋賀県蒲生郡日野町松尾五丁目1番地
業種総合建設業
事業内容建築物の設計施工、土木工事、不動産業
URLhttp://www.okudakoumuten.jp/
※記事の内容は取材当時のものとなります